MENU

腹筋は毎日行うべき?どのくらいの頻度で行うべきか検証!

腹筋を毎日

 

あなたは、腹筋をどれくらいの頻度で行っていますか?
「毎日、回数を決めて行っている」とい方も多いのではないでしょうか?

 

最初の頃は、筋肉痛になったりしませんでしたか?
そういった時はどうされていましたか?

 

痛みをおして、無理をして鍛えるために毎日行っていたのではないでしょうか。

 

 

最近お腹周りが気になりだしたから、腹筋でも始めようかと思っているあなた。

 

腹筋の頻度や回数が気になりませんか?

 

正しく腹筋を鍛えるためには、知っておかなくてはいけません。

 

誰にでも経験があると思うのですが、腹筋をすると、翌日にお腹が筋肉痛で痛くなったことがありますよね。

 

筋肉痛は、腹筋をすることによって、筋組織が傷ついたからなのです。

 

筋肉は、壊れてから再生します。

 

このことを「超回復」といいます。

 

痛みがある時期は、筋組織が傷ついているので、まずは休めてあげることが必要になります。

 

筋肉のの休息が、筋トレの効果を得るためには重要な時間となるのです。

 

 

腹筋をして筋肉痛になっても、1日か2日程度で回復します。

 

回復期間を考えても、腹筋を行う頻度は、2〜3日に1度が目安とされています。

 

最初のうちは、筋肉痛に苦しめられることになります。

 

ですが、体も慣れてくるころには、筋肉もしっかりとついてくるので、筋肉痛もおこらなくなっていきます。

 

 

次に、腹筋の回数です。

 

1回で、100回、200回と行う人もいます。

 

ですが、回数が多ければいいというものではありません。

 

大切なのは、鍛えたい所を意識して、正しいフォームで行うということです。

 

回数は、15〜20回程度で十分効果は得られます。

 

 

初心者の方でも、比較的簡単にできる腹筋の方法をご紹介します。

 

1.床にヨガマットなどを敷いて仰向けに寝ます。
2.足をあげて膝を90度にして、膝から下が床と並行になるようにします。
3.腕を胸のあたりで交差させておきます。
4.腹筋を意識しながら上体を起こしていき、両肘を両膝につけて5秒。
5.ゆっくりと元の体勢に戻ります。

 

1セット10回で、1日に3セットが目安です。

 

慣れてきたら、セット数を増やしていくことをおすすめします。

 

注意していただきたいのは、上体を起こす時に膝を状態側に引き寄せないようにしてください。

 

また、上体を起こす時に頸部に力を入れて起きようとすると、痛めてしまうので、注意しましょう。

 

 

腹筋は、正しいフォームで行えば、2〜3日に1度15〜20回程度でも十分効果をえることができます。

 

最初から回数やセット数を多く設定すると挫折します。

 

自分のできる回数から初めて、体が慣れたら増やしていくようにしましょう。

 

また、筋肉痛になった時は、必ず筋肉を休める時間をとるようにしてください。